avance

[PR] 忙しいあなたに代ってコンシェルジュが最適な税理士を「無料で」紹介します

税理士をつけるメリット①

節税の相談

税金を減らし手元に残るお金を増やすことが目的です。
税金を節約するためには、いろいろな手段があります。
用途に合わせてメリット・デメリットを理解したうえで節税方法を選択し、適切な節税をしましょう。

(1)お金を出さずに税金を減らす方法

固定資産を購入した場合などに税金が安くなる特例などです。
中小企業などが業務に利用する固定資産扱いの機械を購入した場合など、購入金額の7%の法人税が安くなる特例などが該当します。

(2)お金を出さずに税金を先送りにする方法

固定資産を購入した場合、通常の減価償却費の他に、特別な減価償却費を計上することができる場合があります。
ただし、特別償却費は翌期以降のたんなる前倒し計上のため、単純に税金の先送りにしかなりません。

(3)お金を出して税金を減らす方法

決算前に掛け捨ての生命保険に加入したり、備品を大量に購入したりする方法です。
ただし、経費を100万円使っても税金はその半分も安くなりません。
「払った経費以上に税金は安くならない」ということです。

(4)お金を出して税金を先送りにする方法

解約返戻金のある生命保険への加入などを利用します。
ただし、単純に先送りするだけなので帰ってきた段階で使途を考えておかないとなりません。

決算代行ができる

決算から申告までの業務一切を任せることができます。
個人の確定申告と違い法人の場合は、法人の多くの帳面が必要となります。
現金出納帳や預金通帳、売上帳、仕入帳など会計簿を元に会計伝票を記帳し、その月次集計である月次計算表および、決算に必要な1年冠の元帳である総勘定元長の作成、残高証明書などの手配をなどを行なう必要があります。

顧問税理士をつけたい、今の税理士を変更したい時のおすすめサイト
無料で税理士を紹介してくれるサイト「税理士紹介コンシェルジュ」

相続税の手続き・申告について相談したい場合はこちらから
対応エリアから税理士を検索!「相続税申告ナビ」