avance

[PR] 忙しいあなたに代ってコンシェルジュが最適な税理士を「無料で」紹介します

保険を使っての節税方法

保険に加入することによって合法的に節税する方法の一部をご紹介しましょう。

1.役員退職金積み立て

黒字の法人の場合、役員退職金にも税金はかかります。
税金を支払いながら積み立てる「有税積立」になります。
そのまま積み立ててしまえば損金処理できず有税積立となってしまう役員退職金ですが、退職金の名目で積み立てるのではなく、保険に加入するといった手段です。
保険料として全額、もしくはその一部を損金で処理できます。
保険の解約返戻金や満期保険金を退職金として充てるということです。
保険加入期間中は、万が一の保障がつくわけですから一石二鳥です。

2.「含み資産」として保険

税務署の「通達」がある保険商品には「養老保険・福利厚生プラン(1/2損金)」、「長期平準定期保険(1/2損金)」、「定期保険(1/2損金・全額損金)」「医療保険・がん保険(全額損金)」などがあります。
保険料は、全額・1/2と経費計上できます。(保険種類による)
解約時期を長期とするか短期とするかは、会社の状況などで使い分けることが可能です。
いざという場合に備え、「含み資金」として蓄えることができます。

顧問税理士をつけたい、今の税理士を変更したい時のおすすめサイト
無料で税理士を紹介してくれるサイト「税理士紹介コンシェルジュ」

相続税の手続き・申告について相談したい場合はこちらから
対応エリアから税理士を検索!「相続税申告ナビ」